YUCOMの遠隔画像読影

「低コストなのに高品質な遠隔画像読影」

放射線専門医の資格を取得した読影医師が行うYUCOMの遠隔画像読影をより多くの方に知っていただくため、この度、ホームページを開設いたしました。

遠隔読影とは

現在、日本の医療現場においてCTやMRI画像を読影する技術を持った放射線科専門医が不足しているにもかかわらず、CT設置数世界1位、MRIの設置台数は世界第2位です。

そのため、地方病院などにおいてはCT、MRIを設置しているが専門医がいない為、現場での読影が直接出来ないという病院があります。

これらの病院において画像診断が必要になった場合は遠方にいる専門医に画像を郵送するか、専門医の来訪診断を待つという手段しかありませんでしたが、これには1週間以上かかってしまうなどの問題があり、医療処置の遅れを招いてきました。

その課題を解決するのが「遠隔読影システム」です。

YUCOMの遠隔読影

YUCOMの遠隔読影はパソコンとインターネットがあれば利用可能なので、導入費が安価であり、読影システムはYUCOM. 3Wise Radiology側にあるため、病院側は通常のパソコンを操作する知識があれば、読影依頼を行なうことできます。

また、YUCOMの読影医師はすべて放射線専門医を取得し、なおかつ専門画像診断領域を持っています。

英語のレポートにも対応

地方病院、開業医の方、海外で活動されている方、頻繁に頼めないから…とお困りの方もご相談下さい。
貴院にあった料金プランを提示させていただきます。

またYUCOMは英語でのレポート(画像診断書)にも対応しております。