インターネットクラウドを活用した遠隔読影

遠隔読影

  • HOME »
  • 遠隔読影

YUCOMの遠隔読影について

dokuei2dokuei1

他社の遠隔読影システムの問題点

  • 導入費用が高い。
  • 維持(保守)費用が高い。
  • システムに不具合が発生した場合は専門技術者がいないと復旧させることができない。
  • 画像診断結果のレポートが遅い。
  • 撮影画像と読影医師の専門性が一致しない。
  • 緊急時の読影対応ができない。

YUCOM. 3Wise Radiologyの遠隔読影システムの優位性

  • 導入費用が安価(パソコンとインターネットがあれば利用可能)。
  • 維持(保守)費用が安価。
  • 読影システムはYUCOM. 3Wise Radiology側にあるため、病院側は通常のパソコンを操作する知識があれば、読影依頼を行なうことできる。
  • 画像診断結果のレポートが早い(17時までの受付分は翌営業日にレポートを送付)。
  • 部位毎の専門医師が対応可能。
  • 緊急時の読影対応が可能。

YUCOM. 3Wise Radiologyの プラスαのメリット

1.経験豊かな一流の放射線医師がバックアップ

slide2

経験豊かな各部位の一流放射線科医師が貴院の画像診断を行ないますので、院内外に告知することにより、患者の病院に対する信頼と安心感をもたらします。

2.貴院の放射線技師の技術が向上

slider1
YUCOM. 3Wise Radiologyでは、放射線科専門医による放射線技師への撮影アドバイス(※遠隔読影とは別サービスとなります。) を行なっております。

しっかりとした画像診断を行なうためには、きちんとした撮影画像が必要となります。これにより、貴院の放射線技師の技術が向上し、患者に対する撮影の負担軽減や撮影画像の質が向上することで、より確かな診断を導くことができます。

3.人材の確保

slide3

上記「2」のアドバイスは、放射線技師の医師の技術向上、また専門医とのホットラインによる医師の知識向上につながることから、貴院で働くメリットとなり、人材の確保に対して好条件となります。

4.国内外問わず受付。英語のレポートにも対応しています

slide4

地方病院、開業医の方、海外で活動されている方、頻繁に頼めないから…とお困りの方もご相談下さい。貴院にあった料金プランを提示させていただきます。

英語でのレポート(画像診断書)にも対応しております。(※外国のお客様の読影依頼については、Three Wise Limited(香港)を海外総代理店としてしています。下記よりお問い合わせください。)

お問い合わせバナー

サービス紹介

お知らせ

PAGETOP